民泊ビジネス 政府 実態調査に着手

March 24, 2017

8月30日のヤフーニュースでairbnbについての衝撃の記事がありあちらこちらで共有されている。

airbnbの事業をやるにおいて気をつけなければいけない法律は2つであり1つは普通賃貸借契約の転貸禁止条項、そして2つ目が旅館業法である。

ゲストハウスの運営をする業者は転貸を前提としているためオーナーから転貸許可をとって物件を借りるか物件を自身で購入して貸す。ゲストハウスでは時もしくは空間を細分化することで利益を上げている。1ヶ月で借りたものを1週間や1日といった短い期間で貸し出すことにより利益を上げるか、60平米で借りたものを10平米という小さな単位で6つ貸し出すことで利益を上げる。

ゲストハウスの場合旅館業法の適用を逃れて定期借家契約を結んでいる場合が多い。定期借家契約は期間の定めを自由に変更できるため一日だけの契約を結び宿泊することもできる。但し、旅館業法の3つの適用要件の③である「生活拠点があるかないか」がその場合のポイントとなるようだ。

①継続的に宿泊料金を受け取る
②寝具などの宿泊設備を提供する
③生活拠点がそこにないこと 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150830-00000058-mai-bus_all

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

東京や大阪などは民泊ホストがたくさん出てきて飽和状態になっています。

特に立地が良いところでは、宿泊料金の下落が激しく、宿泊料金がゲストハウスなみに下がってきているところもあります。

一泊の宿泊料金が下がっても稼働率を上げれば、固定費割れを防ぐことはでき、黒字化することはできます。

しかし、稼働率を上げる...

【代行業者もやっている】airbnbで稼働率を上げるコツ

March 23, 2017

1/10
Please reload

最新記事

March 24, 2017

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Bed & Stay
  • 日向興発
  • 日向興発

Airbnb運用代行のWABISABY(ワビサビ)

旅館業に関するお問い合わせは

  • Bed & Stay
  • Bed & Stay
  • Bed & Stay

Copyright© 東京の旅館業代行のWABISABY , 2017 AllRights Reserved.