外国人を受け入れる際の注意点

March 22, 2017

外国人留学生や旅行者のために、空き部屋を活用して宿泊施設として貸出しするサービスは人気を集めています。利用する外国人とのトラブルを避けるために、注意点を抑えておくことも大切です。

食事・・・食事を提供する際は、食べられないものや嫌いなもの、アレルギーがあるかを事前に確認しましょう。外国人は生物が苦手の方が多く、宗教上絶対に口にできないものもあります。事前にしっかりと確認しておけば、食材を無駄にすることもありません。

  • 就寝・・・外国人はベッドでないと寝むれないとイメージされている方も多いですが、ふとんでも問題はありません。畳とふとんは日本の文化の象徴ですので、ふとんで寝てみたいという外国人も多いのです。

  • 電話・・・外国へ電話をかけた場合は、高額の電話料金が発生します。金銭面でのトラブルを避けるためにも、コレクトコールや公衆電話、インターネットの無料電話(スカイプなど)をおすすめするのがベストです。

  • 近隣施設の説明・・・スーパーやコンビニ、お土産を買えそうなショップなど、利用しそうな場所は事前に教えてあげましょう。道に迷った際や何かあった時のために、日本語で紙に連絡先を記載して渡しておけば安心できます。例えば「私は留学生の○○です。迷ってしまったのでここに連絡お願いします。電話番号・名前」など。

  • ケガや病気時・・・外国人は健康保険に加入していないため、ケガや病気の際には、学校や実行委員に連絡して指示を仰ぐ必要があります。医療費は旅行保険で全額支払えることもあれば、保険でカバーできないこともあります。もしもの時に焦ることがないように、保険や病院について事前に調べておくことをおすすめします。

ファミリーとして受け入れる外国人に対して、特別な準備やお客様扱いをする必要はありませんが、事前に相手の国の情報を集めておくとコミュニケーションが取りやすくなります。外国人は曖昧な表現が苦手です。駄目なものは駄目で、理由をきちんと説明すれば納得してくれます。遠慮をせずにはっきり伝えることで、招く側・招かれる側共に気持ち良く過ごすことができます。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

東京や大阪などは民泊ホストがたくさん出てきて飽和状態になっています。

特に立地が良いところでは、宿泊料金の下落が激しく、宿泊料金がゲストハウスなみに下がってきているところもあります。

一泊の宿泊料金が下がっても稼働率を上げれば、固定費割れを防ぐことはでき、黒字化することはできます。

しかし、稼働率を上げる...

【代行業者もやっている】airbnbで稼働率を上げるコツ

March 23, 2017

1/10
Please reload

最新記事

March 24, 2017

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Bed & Stay
  • 日向興発
  • 日向興発