現在の空室率と空室対策


近年、メディアでも頻繁に取り上げられている空室率の問題。不動産をお持ちの方にとって、不安要素しかない大きな問題だと思います。自身が抱えている空き家問題を解決するために、有効な空室対策を行いませんか。

空室が増えている理由の1つが少子化です。少子化問題は世間でも注目され、問題視されているのですが、空室率にも大きく関わっています。日本の人口は、現在約1億2800万人といわれていますが、30~40年後にはその半数、約9000万人になると発表されています。現在の空室率は日本全国で820万戸、空室率にすると13.5%と、過去最高の空室率を叩き出しています。それが、30~40年後には、およそ30~40%以上にも及ぶといわれています。空室率を減少させるためには早めの空室対策が必要です。その前にまず、空室になっている原因を確認してみましょう。築年数が古くないか、設備不足ではないか、管理は行き届いているかなど、空室になっている原因はいくつかあげられます。これらを改善するためにリフォームをして設備を整えたり、管理会社を変更するなどの対策を行うことができます。また、旅行客の宿泊施設として提供することも1つの方法です。通常家賃よりも多くの収益を得ることができる物件になりますし、運用代行サービスを利用することで、面倒な管理を行う負担がないといったメリットがあります。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Bed & Stay
  • 日向興発
  • 日向興発

Airbnb運用代行のWABISABY(ワビサビ)

旅館業に関するお問い合わせは

  • Bed & Stay
  • Bed & Stay
  • Bed & Stay
  • Tumblr

Copyright© 東京の旅館業代行のWABISABY , 2017 AllRights Reserved.