価値を下げないためのサンタモニカ・ルールとは?


良いairbnbとは、誰でも気軽に泊まれるアットホームなお部屋。さらに、和食や地元食材を使った贅沢な振る舞い、おもてなし精神を徹底したサービスに積極的なコミュニケーション。これらが徹底されているairbnbは信頼度も高く、リピーターの増加も望めます。

良いairbnbとは、誰でも気軽に泊まれるアットホームなお部屋。さらに、和食や地元食材を使った贅沢な振る舞い、おもてなし精神を徹底したサービスに積極的なコミュニケーション。これらが徹底されているairbnbは信頼度も高く、リピーターの増加も望めます。一方で問題のあるairbnbは、外国人が運用しているホスト不在のairbnbです。外国人ホストの場合、多くが投資目的で運用しているため、日本人が関わることはほとんどありません。その分管理が行き届かず、問題発生のリスクが高まります。室内で何が行われているのか?何に使われているのか?をしっかり把握しておかなければ、思わぬトラブルに繋がるでしょう。

airbnbには、大きく分けて2つの争点があります。

  • 器物破損などの毀損問題

カナダでは、4人に貸した部屋でお酒やドラッグを大量に摂取し、深夜に大声で叫んだり、プールやジムに勝手に入ったりと、ルールを無視したうえに器物破損したという事例があります。また、流してはいけないものを流し、トイレを詰まらせ、溢れた水によって隣人の住居にまで損害を与えたというカリフォルニアの事例もあります。

  • 競争問題

既存のハイクラスホテルや老舗旅館との競争問題が起きたとき、airbnbはどうしても不利な状態へと追い込まれてします。これでは、airbnbの魅力が失われるだけでなく、既存すら危うくなります。airbnbは、宿泊施設不足の問題に欠かせないとして、大変期待されている施設です。もし、この競争問題が発生してしまったら、宿泊施設不足問題にも貢献できなくなってしまいます。では、どのようにしたらこれら争点やトラブルを防ぐことができるのでしょうか?サンタモニカでは、airbnb運用の規制を厳しくしています。

  • ホスト不在の禁止…宿泊者に貸している間は、決してその場を離れてはいけません。

  • 登録制…ビジネスライセンスを登録し、事業としてairbnbを運用して頂きます。

  • 宿泊税の徴収…各地に納める宿泊税を徴収しなければなりません。

  • 罰金…これら3つのうち1つでも違反した者には、罰金として500ドルを科します。

その他にも、airbnbの運用によって、マンションの価値が下がらないよう、近隣への配慮を徹底したうえで、貸出しを許可しています。

また、器物破損はマンション・戸建て関係なく起こりうることですので、地方や都市関係なくルールが設定されます。

このように、サンタモニカはルールを徹底したうえで、airbnbの運用を認めています。いつどんなトラブルや事件が起きるか分からないので、きちんとしたルールを設定することがとても重要なのです。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Bed & Stay
  • 日向興発
  • 日向興発

Airbnb運用代行のWABISABY(ワビサビ)

旅館業に関するお問い合わせは

  • Bed & Stay
  • Bed & Stay
  • Bed & Stay
  • Tumblr

Copyright© 東京の旅館業代行のWABISABY , 2017 AllRights Reserved.